肌トラブルを防ぐ方法

洗顔

スキンケアの大切さとは

洗顔を丁寧に行うことで、肌荒れした状態のお肌のコンディションが良くなることがあると考えられています。通常洗顔は、洗顔料や洗顔せっけんで行われますが、いくつかの点に気を付けることで、肌に刺激を与えずしっとりとしたお肌に導くことができるとされています。まずはじめに、洗顔は熱いお湯で行わず、ぬるま湯で洗うのが推奨されています。お湯で洗うと肌に必要なうるおい分まで除去しすぎてしまうのが理由で、適度にうるおいを残しつつ汚れをしっかり落とすことができるぬるま湯で、洗顔料をしっかりと泡立て、泡で包むように汚れを落とすのが大切と言われています。肌荒れしたお肌は非常にデリケートですので、刺激にならないよう優しく洗顔を行うようにするのが良いでしょう。

無添加化粧品を使う利点

肌荒れしやすい肌向けに、多くのメーカーから敏感肌用化粧品が販売されています。敏感肌用化粧品は、低刺激で肌に優しいという特徴があります。そのため、肌荒れしやすい人だけでなく、普通肌、オイリー肌の人でも使用することができます。メーカーからも、オイリー傾向の敏感肌や、乾燥性敏感肌など、肌荒れしやすい肌質を更に細分化したタイプが販売されていますので、自分の肌質に合ったものを選び使用することで、お肌を健やかに保つことが可能です。低刺激の定義は、香料や保存料、着色料などを含まず、肌が痒くなったりピリピリしやすい成分を極力使用しない処方とされており、肌荒れしやすい肌質の人が使用してもアレルギーを起こしにくい商品もあります。